daily girl


musician,yogini,traveler... そんな私の日常
by takacoano-hi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ガイドブックに載っていない村へ

そんなこんなでカニャークマリで感慨深い朝を迎えたワタシ。
ほんとは次は少し北に行った内陸の街、マドゥライに行くつもりやったけど、ひとりやし、自分のやりたいようにプランたてられるし。。。どうしよう。。。と少し悩んでた。カニャークマリで知り合ったイスラエル人のdaniに、「一緒にコヴァーラム帰ろうよ」と誘われ、本気でかなり揺らぐ。

そんな中、カニャークマリでもらったガイドブックに載っていたキレイなビーチの写真。そのtiruchendur(ティルチェンドゥール)という、地球の歩き方には載っていない場所になんとなく惹かれ、勢いで行ってしまう事にした。tourist officeでティルチェンドゥールへのバスの時間を確認すると、12時にダイレクトバスがあるとか。12時まで1時間半ある。

「これは行けってことやな」

となぜか自然にそう思えて、荷物をまとめ、バススタンドへ向かった。
・・・きっとキレイなビーチとステキな何かが待っている。そう思ったから。

バスは旅行者が乗らないようなボロボロのローカルバス。一番前を陣取って荷物を降ろす。4時間の旅、30ルピー(約60円)。

ローカルインド人に珍しそうにジロジロ見られる事にももう慣れて、ヤシの木の茂る南国ムードたっぷりの景色をバスがどんどん北へ走ってくのを気持ちよく眺める。横では運転手のおっちゃんがバカでかい音のクラクションをばんばん鳴らしてどんどん車を追い抜いてく。
d0094310_1917743.jpg
d0094310_19171520.jpg

こっちの運転、もう慣れたけど、かなり危険!!対向車線にはみ出て抜かすのはもちろん、バスは強いのか、対向車線の車すら避けさせてしまう勢い。しかも狭い場所でもおかまいなしやから、かなり怖いのだ。

そんなこんなでどんどん目的地に近づくバス。大きな寺院が遠目に見えて来た所でしょぼいバススタンドに入る。
「ここなの?」と聞くと
「そうだよ。降りな」
後は知らん。といった感じでさらっと運転手にあしらわれ、バスを降りる。

・・・ここはどこ??

ビーチもない、ホテルもない、なにもなさげなバススタンドに降ろされ、正直
「やってしまった。。。」

あたしの勘は間違っていたのか。。。

つづく
[PR]
by takacoano-hi | 2010-01-19 19:04 | india trip 2nd
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
links
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧